スイス(インターラーケン)の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/03

※今回10/14に、9/26~10/3の記事をアップ。たまにしかアップできないので一気に更新することに
(書き貯めてはいます)。



【今日の行動ルート】
グリーンデルワルトに宿移動→登山鉄道でクライネ・シャイデック経由、ユングフラウヨッホへ


インターラーケンを出発、グリーンデルワルトの宿に荷物を置いて今日はヨーロッパで一番高いところを走っている鉄道、
ユングフラウ鉄道を使ってユングフラウヨッホという展望台へ。
そこは何と地上3454メートルの高さ。
ちなみにそこの隣にあるユングフラウという山は4158メートル!

頂上付近は山の中に掘られたトンネルを電車が通っていくわけだけど、
うーん、こんなに高いところ、いったいどうやって(作るための)地質調査をしたのだろう。全く凄すぎ!
もちろんこういうところに挑戦する登山家も凄い。

頂上の展望台はあいにくの吹雪で外にはちょっとしか出られなかったけど、地球の神秘(?)というかそんなものを感じた。
うちら二人とも高山病にならなくて良かった!(笑


swi友好1

友好の印。


swi山1

山と街は一心同体、まさにそんな感じのところ。


swi山2

雄大な景色が広がる。


swi山3

もはや言葉は要りません。


swi頂上1

頂上を手につかんだよ!(笑


swi頂上2

少ししか外に出られなかったけど、ここが標高3500メートルの世界。。。


swi頂上3

良くこんなところにこんなにトンネルを掘ったものだと感心してしまいます。


swi頂上4

頂上の駅!!


スポンサーサイト

10/02


【今日の行動ルート】
昼食後ホテルで昼寝休憩→街を散策→夕食ぐらいで終了


朝の6時にスイスのチューリッヒに到着。
時間があったので開いていた駅のカウンターでチケット手続き。
対応良くスイスさい先良い印象。
チューリッヒから乗った鉄道は首都のベルンまではビジネスマンも多い。
みんなキリッとしててスタスタと早足でなんとなくできる印象。
他には機関銃を背中に背負った軍人もけっこういて普通に電車に乗っている。
ちなみに普通車でもこの列車は2階建てだったのがおもしろい。

さて、山間部にはいると良くイメージするスイスらしくなってくる。
どーんとそびえ立つ山々。湖もきれい。登山関係などで日本とつながりも結構あるらしい。
日本語観光案内所もこの辺りはチラホラあったりする。

ここらの名物料理はチーズフォンデュらしい。
ふむふむ。



swi駅1

改札が無い(切符は列車の中で)ので道路とホームが並んでいるちょっとおもしろい光景。


swi駅2

機関銃を背負ってます。
あれに撃たれると蜂の巣かぁ(^^;


swiカジノ

建物の上の方は霧で白いんです!
幻想的な景色。


swi街

街のすぐ後ろに大きい山がドーンと陣取って迫力です。


swi日本庭園

日本と繋がりが強いらしく、こういう友好の庭も。
トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。