スイス(ツェルマット)の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/05


【今日の行動ルート】
ゴルナーグラートという展望台へ→散髪→ネットで調べ物


山岳鉄道で標高3000メートル超の展望台へ。昨日登ったユングフラウは高さのせいで上ではフラフラしてボーッとした感じだったけど、
今日は慣れたせい(?)かで大丈夫。
しかしスイス人は何ヶ所もこういう山岳鉄道やロープウェイを作ってホントに凄い。
しかも1898年とかに作っちゃうし。

日本人のツアー団体客(中年層)もいくらか乗車していた。
はしゃいじゃっていてホントに楽しそうだった(笑

今日は天気も良くマッターホルン(4478m)、モンテローザ(4634m)も見られた。

その後時間をとって、長くなり放題(それほどでもないのだけど自分は髪の毛の量が多く少し伸びたぐらいでも結構重い感じになる)
だった髪の毛をついに美容院で切ってもらった。
いや~、ホントさっぱり。洗った後すぐ乾くし、朝セットする時間も大幅短縮だし見た目も怪しくなくなるしいいことずくめ。
唯一の欠点は髭を生やしていないとなめられそうな雰囲気になってしまいそうなこと(?)(勝手な想像だけど)。

その後郵便局から荷物を送ったのだけどたまたま当たった郵便局員の動きがロボットのごとき動きでしかも超早。
恐るべしスイス人。日本人より几帳面かも(笑


zerモンテ1

空気が薄い!(?)。けど結構慣れてきた。


zerモンテ2

山岳電車。時期的にはほどほど空いていて雰囲気もよく味わえました。


zerモンテ3

右奥にあるのがモンテローザ(もしかしたらその右側だったかもしれない・・・)


zer髪

几帳面なスイス人を信頼して!ということで美容院で髪を。
切ってもらった人はフランス系だったらしくたまにガシガシやってきましたがしっかりやってくれた感じに!

スポンサーサイト

10/04


【今日の行動ルート】
ツェルマット到着→山岳鉄道でスネガという高さ中程度の山の中腹へ→宿でネット予約や地図作成


スケジュールの都合で今日はもう移動、次の目的地ツェルマットへ。
もうちょっとゆっくりできればよかったな。
ここもまた高い山々に囲まれた街。
そして農業中心から観光中心に移行し発展した街。
興味深いことにこの街は排気ガス車の街への乗り入れが禁止されていて街を走っているのは電気車だけ。


スイス人は今までの他のヨーロッパと違って几帳面度が高い。ホテルや鉄道はかなりしっかり造ってあるし街もきれいにしてある。
人柄や行動パターンも一部日本人とかぶるものもあり何となく通じるものがある
(時計を作るのも得意だしね~)。

ただ、物価が高く(ユーロ高のせいもあるけどそれが無くても高い)ご飯代も結構かかる
(オマケにスイスはユーロに加盟していないのでわざわざスイスフランを両替しないといけないのでちょっと面倒)。
「日本の物価が高い」という話はもはや既に昔話(スイスと比べたときだけでなく、ヨーロッパの他の国も日本より割高)。
日本は工夫次第で安く済ませられるしそのための環境も整っているし。
あとは、お店が、昔あった閉店法という法律の名残でレストラン以外は18:30にはほとんど全て閉まってしまう(都会は見てきていないので不明)。
山を観光(展望台やトレッキング)してきてそのあとちょっと買い物というのは上手くやらないと無理なのです。

まあでもスイスは日本人に合ったところだと思った。
公衆トイレも無料だし!(笑


zer街1

駅の広場。のんびりした雰囲気の街です。


zer街2

10月初めだけどスキーをしている人も結構いました(雪があるのはもっと上の方)。


zer街3

この街は普通車(ガソリン車)の乗り入れが禁止で街の中では
タクシーやホテルの送迎はこんな電気自動車が走っています。


zerマッター1

山の間からにょっきりどこかで・・・。
そう(確か、)映画のオープニングとかでよく目にする山、マッターホルンが!


zerマッター2

展望できる山に移動したところから。
天気もよく、湖もきれいで水面にもしっかり映ってます!
トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。