イギリス(コッツウォルズ)の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05/14

(※現時点で、帰国後「バイブリー」以降記事を計5つ追加)


【旅行中の飯編】

5/6
ホテルでイングリッシュブレックファスト。他にパンやフルーツもあり。
ちなみに前乗せたパンとコーヒーだけの方はコンチネンタルブレックファスト。
6朝1

フレンチスタイルクレープ。切ってしまった後・・・。
6朝2

SLに乗った後の昼ご飯。
バスにぎりぎりで全部食べられず
6昼1

スープ。パンが必ずついていてこれだけでも結構お腹いっぱいに。
6昼2

スパゲッティに子供用の芋・ポテト・緑豆。
6昼3

お肉+芋チーズの名前忘れたの料理。
6昼4

夜は中華テイクアウト!
6夜

5/7
朝食。ここのホテルの朝食は1品注文する方式で充実していました。
個人的にはイギリスもフランスも地方の方が実はおいしい料理が多い印象。。。
7朝1
7朝2

scottish kippersってなんだろう、といつものように謎のメニューが好きで頼んでみたら
朝からこんな魚を食べる羽目になってがっかりの図。
7朝3
あ、味は意外といけて結局ほとんど食べたけど(^^;

昼は売店で買ったサンドイッチ類。
7昼

夜はホテルで。ホテルなのでそれなりに。
娘がすぐ飽きちゃっていつものように早食いで終わったけど
7夜1
7夜3
7夜2

5/8
朝はホテル。イングリッシュブレックファストはメニューがそれなりにあっていいな~。
8朝

昼は駅の売店で買ったもの。
8昼1

夜は英語が苦手な家族用にルームサービスを頼んでおく。
8夜1

別行動した自分はマーケットで適当に(ホットドッグなどで)お腹を満たしておいて、
ミュージカルから帰ったらお菓子を食べました(笑)
8夜2



さて、この旅行記も残り2日ですが、
実はその後もちょっとだけ続きます。
今日記を書いているのは日本に帰国後ですが・・・、ただいま地獄が継続中。
これがいつ終わるか全く検討がつきません



(残りのブログは16日の23時にアップします)
スポンサーサイト

05/12

【5/6の行動パターン】
バスでチェルトナム経由→ウィンチクームへ。SLでToddington→復路もSL
→ウィンチクーム駅近くのHarvestHomeというお店で昼食
→バスでチェルトナム経由→ボートンオンザウォーター観光→バスでホテルに帰路


またまたバスを乗り継いで今日は保存鉄道として残されている汽車(SL)に乗りに。
途中街のインフォメーションで、市の中心部から少し離れたところにある駅にむかうため、
行く方法を聞きに行ったらなにかよくわからないことしゃべってる

少し後でわかったけど、汽車の路線の一部が何かのトラブル運休、
いろいろ調べる羽目になってさらにバスを乗り継ぎ。

乗り継いだバスの運転手がスパイダーマンの新聞社のボス
ボス
みたいな早口のおもしろいしゃべり方だったのがツボにはまった

ウィンチクームという駅に着きました~。
ウィンチクーム
ここの街も見所結構あるんだけど、
駅は市内からだいぶ離れているので残念ながら気軽には行けません。

汽車きたよ~
汽車01
汽車02
昔を感じさせる車内。

ちなみに乗ったのは二駅を往復した感じ。
汽車地図
乗車時間は20分のみ(笑)
最初の駅には人が全然いませんでした
まあやっぱり繁盛期の夏ではないし、わざわざここから乗る人はいないようで。

Toddingtonという往復地点の駅にあった今は動かしていない汽車に乗って喜ぶ娘。
汽車運転席

少し時間がとれたので行きたかった町、ボートンオンザウォーターへ。
町中に川が流れていてゆったりのんびりした雰囲気。
ボートンオンザウォーター01

娘は相変わらず鳩や鴨と戯れてます
ボートンオンザウォーター02

有名な(?)みんなが写真を撮りたがる橋の上でハイポーズ
ボートンオンザウォーター03


食事関連はまた別記事に書くことに。


ちなみにコッツウォルズ地方の写真が紹介されているサイトがここ
今みたところトップページが表示されないので村のリンクをたどってみるといろいろ見られます。
うちらが行った時期よりもっと後っぽい写真だからお花が綺麗ね


移動が多いコッツウォルズ滞在だけど、バスや電車も楽しみのうちだからこれもまた良い、です。

05/11

【5/5の行動パターン】
バスを乗り継いでバイブリーという人口600人ほどの町へ。
バスは旅行前からちょこちょこ検索して念入りに下調べ。
本数がとっても少ないので。


あのバスに乗って。でもぽっぽが気になる娘~。
ちなみにここはバスを乗り換えるところで
ちょっと大きめな街サイレンセスター(Cirencester)。
バスに乗って

町並み(というか村かな)はこんな感じ。
BB01
BB02

村の外れにはこんな庭のあるホテルもあります。
BB05
とりあえず入り口まで見学して引き返しました(笑)
BB04

monkfishってなんだ? よくわからないけどいつものごとくおもしろそうだから注文
小さな村にあるCatherine Wheelっていうレストラン(+bar)だったけどここはかなりおいしかったです。
BBレストラン01

右手前がレストラン。
もう少し後の季節だったら町並みはもっと綺麗っぽい。
この時期はまだまだ肌寒いし
BBレストラン02
BB06


教会の前でハイポーズ♪
BB教会01


マス(Trout)の養殖場もあって
マス養殖場01

売られてた餌をあげるのに夢中になる娘。
みている自分も楽しくなってくるから子供だったらなおさらかも
マス養殖場02
マス養殖場03

最初とは違う町中にあるホテルでお茶してバスのくる時間まで待つ。
BBホテル03

夕食は昨日見つけた中華のテイクアウトのお店で買って部屋で。
夕食
アジアの食材だと娘のがっつき度が断然違います(^^;
ちなみにお店をやっている人は香港出身で
もうこの田舎にきて何十年(適当に会話してたので聞き逃した(笑))らしいです。


コッツウォルズの中で今日の村はメイン的な場所の一つだったので
とりあえず無事行ってこれてよかった

05/07

【5/4の行動パターン】
6泊したホテルを後にコッツウォルズへ向け移動
電車→移動後昼飯兼カフェ
→部屋で娘と一人ずつ遊んでもう一人は町をちょろっと散策→全員で夕食買いだし

ストウオンザウォルト。
人口2800人の町、地球の歩き方にも載っていない小さな町。


前日スーパーで買ったもので朝食。枝豆大好きっこ
0504朝飯

次のホテル。プーさん(娘はくま=プーさん)のベッドに大満足。
このタイプのベビーベッドも好きみたい。
ベッド03

古い雰囲気あるお店で昼とお茶。
しかしここでも娘に食事不人気、落ち着いて食事できず。。。
カフェ01
カフェ02

犬は大好きだけど(笑)
ストウオンザウォルト02

町の広場や町並み
ストウオンザウォルト03
ストウオンザウォルト04

夕食は残念ながら英国といえばこれ、フィッシュアンドチップスでまた芋。
0504夕食
でも明日は中華のお店を見つけた(この日のみ休みだった)から大丈夫



ちなみに明日5/7は3泊したホテルを後にしてバース(風呂のバスの語源の町)へ。
ここは一泊のみなのでちょっとハード。その後ロンドン2泊で帰国予定。

05/05

ちょっと早く寝なくちゃいけないので簡単に。

今はロンドンを後にしてコッツウォルズ地方のストウオンザウォルトという町にいます。
古いいい町でこの地方は観光地でもあるんだけど、(今の時期だから?)年寄りがほとんどです(笑

明日以降この地方の町をあちこち訪問する予定


3日にロンドンから日帰りで電車で訪れたウィズリーガーデン。
はいポーズ
ウィズリーガーデン01


もういいよ~♪ みぃつけたぁ が娘の最近のはやり(笑)
ストウオンザウォルトホテル01

古い建物が残っている町並み。明日はもっと古い町へ(バイブリーという16世紀の建物が残る町)
ストウオンザウォルト町中01


今はとにかく足裏マッサージへ行きたいです

トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。