スウェーデンの記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/07

Sto街並み1

水辺が気持ちいい。
でも日差しがとても強くてあつい!


Sto街並み3

王宮付近。街並みは昔から計画して作られただけあって美しい。


Sto街並み2

ヨーロッパ、っていう建物が並びます。


王宮前

王宮の衛兵交代式。
毎日あります。


王宮近くカフェ

ヨーロッパっていう感じの色の建物。
みんなオープンカフェが大好き。


ピザ

たけうっちゃんがおなかがすいたのが我慢できなくて買った、
テイクアウトのピザ。


美術館

建物、とにかくでかいものが多い。


マーケット

ヘルシンキに比べたら規模は小さかったけど、お買い物。
こちらはフリーマーケット的なお店が多かったです。


墓地

墓地にあったオブジェ。
墓地にもこだわります、デザインの国北欧。


地元料理

てんこ盛り。なかなかおいしかったです。
でもたけうっちゃんが頼んだニシンの料理(一番左)は塩が強すぎで塩からい!


寿司

セットを頼んだらイカが3個もありました。
セットにしない方が良かったかも・・・(笑


甘い

甘いデザートが並ぶ。
いろいろ食べたいけど、食べ過ぎはいろいろな意味で危険(笑


ポスト

この国のポストはこんな感じ。


エレベーター

扉は手で開け閉めします。
ホテルのエレベーター。


ノルウェーへ

スウェーデンは2日しか滞在しなかったけどバイバイ!
次はノルウェーのオスロへ。


ちなみにパノラマで見てみるとこんな感じ。
http://www.sekauchi.com/photo/pano/pano01.htm

この国では500mlの水が300円ぐらい。
スポンサーサイト

08/07

昨日会った女の子は数ヶ月一人旅をしているということだったけど、
やっぱり寂しさは大きいらしい。
自分は大学の時1ヶ月ぐらい一人で国外をぶらぶらしたことがあったけど、英語がペラペラというわけではないから言葉数も自然と少なくなる。そういう点も大きいのかな、やっぱり。
何はともあれ一緒に観光や食事をして楽しい時間でした!



ストックホルムからオスロに電車で移動だったけどなぜか途中で下ろされ→バス→再び電車へ。
アナウンスや周りの人が何か言っていたけど会話がつながらずさっぱり。
やっぱり英語は使えないとなぁ。
ヒアリングは訓練しておくべきだった(今更言うまでもないけど)。
近くにいた韓国人はわかっていたみたいだし、しかし日本人は英語教育の成果(?)はさっぱり。

これってちょっと惨めすぎるなぁ(^^;
自分ももうちょっと使えるようになりたいね。
あと、うちの嫁さんもこれを気に英語に目覚めてくれないかな(笑
最近、少しずつ勉強し始めていていい感じ。

乗換




今日、もう一つ感じたことはここまで過ごしてきた日々から、
「世界一周、って響きはいいけど実はこれって修行の旅」、ってこと。
毎日どこかで気を張っているし、やっぱり歩き続けることになって体力も結構使うし。
まあ、この旅行から帰った自分はどこかしら成長していることだろう(たぶん!)。

08/06

フェリーなんかは日本で滅多に乗る機会が無いけど、
これはなかなかいい。景色はいいし優雅な気分に浸れる。

北欧はゆったり観光したり田舎でのんびりするにはうってつけの場所のよう。
ただ、スウェーデンはフィンランドより物価は上がって500mlペットボトルが300円ちょっとする。
北欧の残り、ノルウェーとデンマークはさらに高いらしい。

トゥルクで日本人の女の子とタクシーを相乗りしたのち、3人で少し行動を共にした。
こういう旅ならではの時間もいい。

フィンランドのストックホルムで再び3人で少々行動を。
壮大な墓地と建築物が合わさったような場所へ。
その後、別れて王宮付近や市内を散策。

しかし、今日も歩いた。
オマケに日差しが強くて強くて体力をかなり消耗。
慣れるまでしばらくヘトヘトな毎日が続きそう。

夜は風呂場で洗濯手洗い1時間30分、これが疲れている体には結構な負担で、もう。
あと、場所移動の際に運ぶ荷物は約20kg。

ホント何から何まで体力勝負!

(写真のページは北欧から抜けてから時間がとれると思うのでその時に・・・)

シリヤライン

フェリーから


シリヤラインで。

時間は午後の9時過ぎだけどちょうど夕暮れ時、美しくて最高。



ストックホルム郊外の墓地


ストックホルム郊外の墓地。
美しくてお化けの出る余地は無いようです。

08/06

ストックホルムの人も北欧らしく親切な、雰囲気のいい人が大半だけどヘルシンキに比べたらだいぶ都会臭い。
国を移動していく度に暖かさが減る気がする(と勝手に思っている)のだけど、
このギャップに耐えられるかなぁ。
スペインやイタリアなんかは人に気を許せないだろうし、
イギリスなんかは英語をしゃべれないと冷たい場合が多いし。
田舎はどこも違うだろうけど。
徐々に戦闘態勢かな(笑。

あと、美男美女度はヘルシンキが異常だったらしい。
こっちに来てみたらそれほどでなくなった(笑
しかもこっちの女の人は若い人でも肥満でおなかがぽっこり出ている人が多い。
スタイルのいい人でも(男性はもちろん出ている人は思いっきり出ているのが欧米の定番だけど)。
やっぱり環境(食べ物。そうなっても気にしない雰囲気)って怖い(^^;

ハラ


こんなふうに。
しかも大半の人がこんな感じ。
しかし隠す様子は全く無しで。

この記事に特に悪意はありませんよ(^^;
トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。