ノルウェーの記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/11

ただいま、オスロ空港で航空券の変更手続き中。
UK Terrorのおかげでイギリス行きを中止。
替わりにパリに入る方向に。
空港もごちゃごちゃしていそうだし、イギリスに入ったはいいけど出られなくなったり遅れたりしたらそれこそ面倒だし(トマト祭りをはずすわけにはいかない)。

ノルウェーのその他は後日更新予定。

スポンサーサイト

08/11

オスロで一日散策。
テロの影響でイギリス行きをやめてフランスへ(8/11記載の日記参照)。

時間に余裕ができたので散歩をしながら王宮前へ。
ここでも衛兵の交代式があった。
スウェーデンよりここの国の方が隊列や動作もしっかりしていてすばらしい印象。

衛兵達は戦闘が熟練しているかはわからないけど、
国の威信を守っていることは確かだなあと強く感じる。


koteki01

一糸乱れぬ衛兵達。


koteki02

鼓笛隊の太鼓の叩く動作もピッタリできっちり訓練されています。
ちょっと感動。



8/12
再びヘルシンキへ。
空港から市内へのアクセスも経験済みですんなり。
やっぱりこの街はいいなぁ。
明日からいよいよフランスへ!

08/10

次の日、街を歩いてみたが首都のオスロとは違って最高の雰囲気の街。
人達はみんな気持ちの良い雰囲気で接してみても楽しい。
都会のドロドロしたものに汚されたしまった人達は是非彼らに習って欲しい、
と本気で思ってしまうほど。

後々住むのだったらこういう場所が絶対いい!!
(ただここは物価がちょっと高いけど)。



市場01

この街にも市場が出現します。


市場02

豊富な魚介類を使ったサンドイッチ。


市場03

キャビアも売っています。
それにしても北欧の女性はきれいな人が多いです。


市場04

エビに混じってザリガニも・・・(笑


山01

ケーブルカーで山に登ってみると・・・、


山02

すっごいきれいな眺めとかわいい街が!


山03

これはミニチュアではなく本物の街!


公園01

公園もきれいです。


公園02

ランラン♪(笑


駅前

22時頃の駅前。
落ち着きます、この雰囲気。




その後、夜行で街を後にオスロへ。
本当にありがとう、ベルゲン。
最高の街でした。

08/09

8日にオスロからベルゲン急行に乗ってフィヨルド(氷河に削られた地形。たしか中学で教えられたなぁ)を味わって、
その後ベルゲンという街へ。

フィヨルドの景色は雄大。
写真で伝わるかはわからないけどホントにすごい。

フィヨルド01

車窓から。


フィヨルド02

ホントに景色がすばらしい。


フィヨルド03

山間の村、フラムに到着。


フィヨルド04

フェリーで数時間。フィヨルドの間を抜けていきます。


フィヨルド05

氷河で削られた地形。


フィヨルド06





さて・・・、

観光シーズンの8月のため人も多い。
オスロ→フラムという街をたどってそこからフェリー。ベルゲンに到着したのは外は明るいけど21時過ぎ。
市内の宿を探してくれるインフォメーションは夏は22時まで空いているので、
大丈夫かなと気楽な気持ちでいたけど、それはとんでもなかった。

なんと街中のホテルはすべて満室。
空いているのは30kmから100km(!)ぐらい離れたところばかり。しかも山を越えて入ってきた街だから
ここからホテルに移動するのは、電車で普通に移動するのとはワケが違う。

しかし、ここで奇跡が起こり
ちょうど自分たちの番が回ってきて探してもらってきているときに
市内のホテルに空きとの電話がデスクに鳴り響く(笑

今まで探してもらっていた人達はあちこちに飛ばされていたわけだし、自分たちはホントに運がいい。
ここで街の近くに泊まれなければ日程的にもこの街を歩けるかわからなかったわけで、
まさにベルゲンが快く受け入れてくれたとしか言いようがない!


22時

22時半頃のベルゲン。
港町です。

08/08

ノルウェーのオスロに到着。
ノルウェーでの目的はベルゲン急行に乗ってフィヨルドを体験すること。

オスロは今まで訪れたヘルシンキやストックホルムよりさらに都会的雰囲気。
人種もいろいろな人達がいる。
着いたのが夕方だけあって駅前はちょっと雰囲気悪い人達も結構集ってる(^^;

oslo駅前


ちょっとビビリながらもささっと写真撮り。
トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。