--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • Name:莞爾
  • うっちゃん元気ですか~
    写真拝見しましたよー
    綺麗なところ楽しそうに廻っていて何よりです。

    もっとも旅行も長期になると(いや短期でもか?)
    予定通りすすまずイライラしたり、パートナーと
    喧嘩なったりって、この先、そんなこともあるかも
    知れませんが、それで普通なんですからね。
    そんなん含めて残りの行程、有意義に過ごして
    お二人で良い思いでつくって帰って来てください。
    そしてまた、僕に本業の助言をお願いしますよー。(笑

  • 2006/10/15 17:39 | URL 
  • Name:うっちゃん@管理人
  • 行く先々それぞれ特徴があって楽しんでいます。
    あ、喧嘩はすでに何回もしてます(笑
    でも最近、お互い一線を乗り越えたらしく全然しなくなりましたけどね!

    本業、最近暇なときに携帯からカチカチ見ていますが感覚鈍ってるかもしれませんね。また帰国後、よろしくお願いします~
  • 2006/10/16 04:11 | URL 

Leave a Comment


10/03

※今回10/14に、9/26~10/3の記事をアップ。たまにしかアップできないので一気に更新することに
(書き貯めてはいます)。



【今日の行動ルート】
グリーンデルワルトに宿移動→登山鉄道でクライネ・シャイデック経由、ユングフラウヨッホへ


インターラーケンを出発、グリーンデルワルトの宿に荷物を置いて今日はヨーロッパで一番高いところを走っている鉄道、
ユングフラウ鉄道を使ってユングフラウヨッホという展望台へ。
そこは何と地上3454メートルの高さ。
ちなみにそこの隣にあるユングフラウという山は4158メートル!

頂上付近は山の中に掘られたトンネルを電車が通っていくわけだけど、
うーん、こんなに高いところ、いったいどうやって(作るための)地質調査をしたのだろう。全く凄すぎ!
もちろんこういうところに挑戦する登山家も凄い。

頂上の展望台はあいにくの吹雪で外にはちょっとしか出られなかったけど、地球の神秘(?)というかそんなものを感じた。
うちら二人とも高山病にならなくて良かった!(笑


swi友好1

友好の印。


swi山1

山と街は一心同体、まさにそんな感じのところ。


swi山2

雄大な景色が広がる。


swi山3

もはや言葉は要りません。


swi頂上1

頂上を手につかんだよ!(笑


swi頂上2

少ししか外に出られなかったけど、ここが標高3500メートルの世界。。。


swi頂上3

良くこんなところにこんなにトンネルを掘ったものだと感心してしまいます。


swi頂上4

頂上の駅!!


スポンサーサイト

2 Comments

  • Name:莞爾
  • うっちゃん元気ですか~
    写真拝見しましたよー
    綺麗なところ楽しそうに廻っていて何よりです。

    もっとも旅行も長期になると(いや短期でもか?)
    予定通りすすまずイライラしたり、パートナーと
    喧嘩なったりって、この先、そんなこともあるかも
    知れませんが、それで普通なんですからね。
    そんなん含めて残りの行程、有意義に過ごして
    お二人で良い思いでつくって帰って来てください。
    そしてまた、僕に本業の助言をお願いしますよー。(笑

  • 2006/10/15 17:39 | URL 
  • Name:うっちゃん@管理人
  • 行く先々それぞれ特徴があって楽しんでいます。
    あ、喧嘩はすでに何回もしてます(笑
    でも最近、お互い一線を乗り越えたらしく全然しなくなりましたけどね!

    本業、最近暇なときに携帯からカチカチ見ていますが感覚鈍ってるかもしれませんね。また帰国後、よろしくお願いします~
  • 2006/10/16 04:11 | URL 

Leave a Comment


カレンダー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。